イレブンカットは手荒れがひどい人でも安心して働ける


職業病というのがあります。
その仕事を行う上で
避けられない病気にかかるというものです。
炭鉱の穴掘り業に勤めていると、
粉塵を長期間吸うことになり、肺疾患になります。
それゆえ今では炭鉱業はほとんど行われていません。
また、冷たい水で皿洗いばかりしていると、
あかぎれで手がボロボロになってしまいます。
お湯を使ったり、ゴム手袋を使うなどの対処が必要です。

美容師における職業のひとつに、
薬剤による手荒れというものがあります。
カラー剤やシャンプーなどは、
手の油分をかなりそぎ落とします。
たとえオーガニックでもそれは変わりません。
1日数回なら大丈夫ですが、
美容師は1日に何十回もそれらの液体に手を染めます。
しかもそれを毎日続けます。
数年で手がボロボロになり、
美容師を引退せざるを得ないことはよくあることなのです。

そこでイレブンカットはそうした事態をなるべく防げるように、
薬剤に触れる機会を極力少なくなるようにしています。
カラー剤はゴム手袋でカバーするので問題ありませんが、
シャンプーは別の方法で防いでいます。
それは全自動シャンプーマシンです。
髪を自動で洗ってくれる装置なので、
イレブンカットのスタッフは薬剤に触れずに済みます。
手が荒れずに済むと、
イレブンカットのスタッフの間で評判になっています。
手荒れに悩んでいるスタイリストが
イレブンカットに転職するケースもあるそうです。

会社の義務は、社員が安心して働ける職場です。
夏は暑くて働けないのなら、クーラーを設置しないといけません。
熱中症で倒れたら、仕事どころではありません。
ドアノブの静電気が酷かったら、
静電気対策のグッズを導入しないといけません。
労働環境はとても大事です。
他人から見たら些細なことでも、
当人からしたらとても重要な事は良くあります。
特に手荒れのなりやすさは人それぞれです。
荒れやすい人も居れば荒れにくい人も居ます。
イレブンカットは困っている人に合わせて労働環境を整える、
優良企業だと言えそうです。